胸ニキビの原因と治療・予防法

胸ニキビとは、鎖骨周辺や胸の谷間にできるニキビのことです。体では背中ニキビの次に多いニキビです。
多くは、大人になってから見られます。原因としては、内的要因と外的要因があります。
内的要因としては、汗が溜まりやすく毛穴が汚れがちなため、アクネ菌の温床となりやすい事、ホルモンバランスの乱れなどがあります。
外的要因としては、皮脂や汗の付いた通気性の悪い衣類で刺激してしまうという事、シャンプーやリンスの洗い残しが目立つ場所に出来るニキビであるという事、紫外線による刺激を受けやすい部位である事などが挙げられます。さて、胸ニキビの原因としては、ホルモンバランスが崩れたことによる肌の角質異常があります。
角質が厚くなることによって毛穴が塞がれ、皮脂が詰まり炎症が起こります。
治療としてはピーリングを行いましょう。
かゆみが強いときには、早めに専門医を受診するようにしましょう。
ところで、胸ニキビを予防するためには、表皮を清潔に保ち、免疫力を維持することが大切です。化繊素材の下着や衣類はできるだけ避けて、汗を吸収しやすい綿素材を選ぶようにしましょう。衣類は低刺激の洗剤を使用して洗います。また、食生活の見直しや睡眠時間の確保のほか、ストレスを溜め込まない生活スタイルが大切になります。
ビタミンCやビタミン群は毎日取りたい栄養素です。脂肪分や糖分の多い食事が続かないよう配慮することも大切です。
ストレスを強く感じる時期が続くと、副腎皮質から男性ホルモンが多く分泌されて、皮脂腺の働きが強くなり、皮脂過剰になります。
男性ホルモンには、角質を厚くする作用もあるので、出来るだけストレスを溜め込まない生活をすることが大切です。気分転換できる趣味やアロマテラピーなども生活に取り入れてみましょう。ぬるま湯でゆったり体を温めると深い眠りが得られるので、ストレス解消に役立ちます。

胸ニキビが治らない時にオススメ@胸ニキビケアランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です